8病棟このページを印刷する - 8病棟

8病棟 精神科急性期病棟
看護師のイラスト

精神科急性期病棟では、急性期の混乱した状況・不安の強い患者さんに日々関わっています。受け持ち看護師が中心となり、薬物療法等の治療の援助、安全管理と身体ケアを中心に看護を行っています。精神症状が落ち着いたら、地域での生活につなげていくことができるよう入院時から多職種で関わっています。

多職種との連携

  • 病気の理解や社会復帰へ向けての援助を医師・薬剤師・作業療法士・心理療法士等と連携し、作業療法やアルコール依存症の集団精神療法などを行っています。
  • 患者・家族の意向を取り入れた個別的な支援を行っていくために、多職種と連携しカンファレンスやケア会議を実施しています。
  • 地域医療連携室と連携し、退院前訪問看護を行い安心して社会復帰できるように支援しています。
作業療法での患者さんの作品

チームワークのある職場

8病棟は、「一日でも早く社会復帰していただきたい」そんな思いでスタッフ一同、チームワークを大切にして頑張っています。

他職種でカンファレンス