精神科デイケアこのページを印刷する - 精神科デイケア

精神科デイケア(通所)について

デイケアは、外来治療の一環として、グループでの活動や個別援助を通じて地域生活を援助し、対人関係等の社会生活に必要な技能を獲得します。また就労支援も行っています。

実施日 月・火・水・金曜日 週4回  午前9:30~午後3:30
スタッフ
  • 医師
  • 看護師
  • 作業療法士
  • 心理療法士
  • 作業療法助手

デイケアが始まるまで

1. 医師の診察(処方せん)、2. スタッフ面接、3. 見学または体験、4. 正式利用

デイケア(通所)目的

病気に対する知識や、調子を崩しそうな時の対処方法を身につける。

睡眠、起床、食事、入浴など基本的な生活リズムを整える。

勤労に向けて必要な技能(集中力、マナーなど)を身につける。

集中できたり、楽しんで打ち込める趣味を見つける。

体力をつける。

日常生活から離れて一時的に息抜きする。休息の場。

家庭以外の居場所や仲間をみつける。 

など通所される方の目標によって、利用目的は様々です。

デイケアプログラム

時間 内容 場所
8:45 受付 医事窓口
8:50 オリエンテーション
血圧測定・採血
身体計測(身長・体重・体脂肪率等)
外来処置室
9:10 採尿
心電図
検査室
9:30 胸部撮影
頭部MRI
頭頚部MRI・MRA
放射線科
10:15 かなひろいテスト
休憩
待合室
10:40 診察
結果説明
診察室
11:00 終了予定 診察室
 
9:30 体操・朝会(活動内容決定・連絡事項)※司会はメンバーで持ち廻りします。
10:00 ●お話しクラブあるいは
SST(半年交替)
●園芸
●自主活動
●ストレッチ&太極拳
●自主活動
●創作活動・木工
●自主活動
●共同作業
●自主活動
11:30 昼食準備・昼食・休憩
13:00 ●対人コミュニケーション講座
●ほのぼのクラブ
●自主活動
●パソコン講座
●コーラス
●自主活動
●軽スポーツ
●自主活動
●集中力UP講座
●自主活動
15:30 終わりの会(1日の感想発表)

プログラムの内容

【集中力UP講座】

目的
集中力や記憶、言語機能を高める。
内容
計算・記憶・文章課題・ペン習字など

 

【SST】

目的
日常生活場面での対人技能を向上させる。
内容
対人関係などにおける困ったことをテーマに、ロールプレイによって解決方法をみんなで考えていきます。

 

【共同制作】

目的
共同作業で作品を仕上げる。簡単な手作業で集中力を高める。
内容
ペーパーロール画など共同作品を完成させます。

 

【スポーツ】

目的
体力をつける。対人交流を深める。人付き合いや集団の場に慣れたり、仲間作りに役立てる。
内容
卓球、バドミントン、カローリング、ペタンク、グランドゴルフなど

 

【創作活動】

目的
楽しんで取り組める趣味を見つける。
内容
塗り絵、絵画、木工、手芸など

 

【ストレッチ&体操】

目的
心身のリラクゼーションを図る。
内容
ストレッチや軽い体操を行います。

 

【パソコン講座】

目的
パソコンの基礎的な技能を学ぶ。
内容
文字の打ち方、表の作成、簡単な計算を練習します(Word、Excel)。

 

【自主活動】

目的
人付き合いを体験し、集団活動に慣れ、仲間作りをする。
自分が落ち着けたり、楽しみになるような活動を見つけて取り組む。
内容
ゲーム、音楽鑑賞、カラオケ、散歩など参加者同士で話し合って決めます。

 

デイケア談話室 談話室風景 花見会:青島(湖山池)の写真

費用について(平成24年度現在)

  • 各種健康保険制度の適用となります。
  • 通院医療の公費負担制度もあわせて利用できます。
  • 1回のデイケア・ショートケア参加にかかる費用は下記の通りです。
  • 下記に加え、初回参加から1年間は、ショートケア20円、デイケア50円が別途必要になります。
    当院に入院され、退院後に再度参加された場合も必要になります。
    詳しくは、医事窓口にお問い合わせ下さい。

    【自立支援制度利用】 デイケア 770円ショートケア 400円
    ※その他、プログラムの内容によっては、材料費などを負担していただくこともあります。
●お申し込み・お問い合わせ先
独立行政法人国立病院機構 鳥取医療センター 精神科デイケア
TEL.0857-59-1111(内線560)